注目すべき投資信託5選

  1. 投資信託って何?
  2. 株との違いは?
  3. どういう基準で選ぶの?
  4. アクティブファンドとインデックスファンドって何?
  5. 忙しい人向けお勧めファンド5選

投資信託って何?

投資信託とは、投資家(我々)から資金を集めてファンドマネージャーと呼ばれるいわゆる専門家が株式や債券を運用する商品です。その運用成果に応じて、手数料(信託報酬と呼ばれる)控除後の利益を投資家が享受できるという仕組みです。

投資信託の大きなメリットとして、少額からの出資が可能な点があります。また、投資信託(ファンド)自体は大きな金額を動かしているので全体として大きく分散投資できているといえます。1言で言えば少額分散投資が可能な商品であるということです。

投資信託のデメリットも指摘しておきます。1点目は株式と違い市場が開いている時間にタイミングを見計らって売買することができないという点が1つ。2点目は、投資信託を保有している期間常にコストが発生するという点です。

投資信託の種類

投資信託には下記の2つの種類が存在します。

①「会社型」投資信託

会社型は、資産運用を目的とする投資会社が設立されその法人が発行する発行証券を取引所を通じて一般投資家が取得するものです。具体例をだすと、REIT(不動産投資信託)などがこれに当たります。こちらは市場で売買される商品となるので、市場が開いている時間であればタイムリーに売買することが可能です。

②「契約型」投資信託

契約型は、投資信託委託会社と信託銀行が投資信託契約を結ぶことによって、組成される投資信託となります。正直言って何言ってるのかわからないですよね(笑)。自分もイメージでしか理解していません。運用するうえではこのスキーム自体はあまり重要ではないので副次的な知識として覚えておけばいいと思います。証券会社や銀行で購入できる投資信託のほとんどがこのタイプとなります。

自作です(笑)

上の図の販売会社がいわゆる私たちの持っている証券口座(〇〇証券)や銀行口座(〇〇銀行)になります。

株との違いは?

こちらもイメージ図で説明させていただきます。正直言葉で説明しきれる自信がありません(笑)。

通常の株取引の場合

投資信託の場合

上の図の通り、投資信託の場合投資をするのに大きな金額はいりません。個人が許容できる範囲内で投資額を決定することができます。一方で、株取引の場合は単元株というのが定められていて(ほとんどが100株)基本的にはその単位でしか売買できません。つまり、1株=900円の株を買おうとした場合100株買わなければならないので、最低でも資金が90000円必要となるということです。これが一般の株取引と投資信託の大きな違いの一つです。

どういう基準で選ぶの?

投資信託の選ぶ基準は大きく分けて2つあります。

1つ目はコストです。

投資信託は保有しているだけで、コストが発生する商品となっています。基本的には、年率0.09%~2%のものまで幅広くあります。投資先が全く同じでもコストが異なっているファンドがほとんどで、どうせ同じものに投資するなら少しでもコスト低いファンドを選ぶべきでしょう。

2つ目は純資産額です。

投資信託はその仕組み上、その商品を買っているのは自分だけということはあり得ません。仮に自分しか購入していないのであればそもそもファンドを組成する意味なんかないはずです(笑)。つまり何が言いたいかというと、純資産額の大きさを見ればどの投資信託が多くの投資家から支持を集めているのかがわかるということです。例えば、投資先・コストが全く一緒のファンドがあったとすれば純資産額の大きいほうを選べばいいということです。

他にも細かい点はあるのですが、上記の2点を理解できていれば投資先を大きく間違えるということはなくなると思います。

アクティブファンドとインデックスファンドって何?

投資信託は、運用法の違いからアクティブファンドインデックスファンドという2種類に区別することができます。順に説明していきます

アクティブファンドとは?

アクティブファンドとは、ファンドマネージャーが自らの裁量で投資銘柄を決定し運用するものです。当たり前ではありますが、運用効率はファンドマネージャーの腕次第となります。ファンドマネージャーの腕が良ければ大きなリターンをもたらすこともありますが、悪ければ逆に大きな損失をこうむることもあります。後述するインデックスファンドとの大きな違いは手数料です。アクティブファンドはファンドマネージャーが自ら銘柄選定を行うため、下調べの労力もコストもかかります。ゆえに高い手数料はその手間賃に見合うだけのものになっているというわけです。相場としては年率0.9%~2%となっています。しかしながら高いコストのわりに高いリターンを生んでいるファンドは少ないのが現状です。

インデックスファンドとは?

インデックスファンドとは、ある特定の指数(TOPIXや日経平均株価など)に連動した運用パフォーマンスを目指すものです。つまり、日経平均株価をベンチマークとするファンドに投資をしている場合、日経平均株価が値上がりすれば自分の持っているファンドも値上がりし、逆に値下がりしたらファンドも値下がりします。考え方的にはその国の市場全体に投資をするというものなので、単一銘柄の影響を受けづらく逆に投資対象の国の景気に大きく左右されます。上述したアクティブファンドと比べ手数料が安価である場合がほとんどです。

忙しい人向けお勧めファンド5選

1、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

米国の代表的な指数であるS&P500指数に投資をするインデックスファンド。株式投資信託の中では頭一つとびぬけて手数料が安い!!信託報酬は驚異の年率0.0968%。例としてこのファンドを年間100万保有していた場合、 年間コストは968円です(現実的には年間の時価評価額が100万であり続けることはほぼないが参考までに)。S&P500の過去10年の年平均リターン(幾何平均で算出)は、11.03%(2011年2月~2021年2月)です。例として2011年2月に100万投資したとすると284万6413円になっている計算です。ちなみにドル建てでの年平均リターンなので円建てでは多少リターンに差が出ます。米国の指数なので値動きは米国の景気に大きく左右されますが、米国の景気は世界の景気とほぼ連動していますのでこの辺りはああまり気にしなくてもいいでしょう。1つ注意点として、こちらのファンドは原資産がドル建ての資産であるため為替の影響は避けられません。ドル建てでは利益は出ていても為替が円高になってしまい円建てでは損をしてしまうという事態は起き得ます。

2、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスをベンチマークとするインデックスファンド。その名の通り全世界の株式に投資をするファンドです。信託報酬は年率0.1144%です。100万あたりの年間コストは1144円です。上記指数の過去10年の年平均リターンは6.62%です。10年前に100万投資していると189万8906円になります。S&P500よりもリターンは劣りますが、世界全体に投資しているため世界全体で経済が拡大していけば時価総額は伸びていきます。S&P500はアメリカ1国の経済に連動するのに対し、こちらは世界経済に連動します。対象となる国が多い分リスクは低いと考えるのが妥当でしょう。

3、ひふみ投信

主に日本の成長企業に投資をするアクティブファンドです。上述した2つのファンドと違いこちらはアクティブファンドとなっております。信託報酬は年率1.0780%です。100万当たりの年間コストは1万780円となります。こちらのファンドの設立来年平均リターンは15.74%(2008年10月31日~2021年1月29日)となっており、同期間の日経平均株価の年平均リターンは10.03%なので指数よりも好パフォーマンスを残せているとわかります(ちなみにTOPIXは年平均6.19%)。もちろんこのパフォーマンスがこれ以降も維持できるのかはわかりませんが、これまでのリターンをみるにひふみ投信の運用指針は間違っていないと断言するに足ると思います。

4、SBI 中小型成長株ファンド ジェイネクスト

こちらのファンドは日本の成長性の高い中小株に投資をするアクティブファンドです。こちらもアクティブファンドとなっているため信託報酬は高く年率1.65%となっており、信託財産留保額(解約時にかかる手数料)も0.3%となっております。手数料だけを見ればぼったくり商品じゃ?っと思ってしまいますがリターンはかなりのものです。上記のひふみと同期間で比較すると年平均リターンは20.02%。上記のどのファンドよりも好パフォーマンスを上げているとわかります。もちろん、この検証期間がリーマンショック後のアベノミクス相場真っ只中であり、その間小型株のパーフォーマンスが良かったという背景はありますがそれにしても驚異的なリターンだと思います。資産運用の勉強をされている方でインデックスファンドが善でアクティブファンドは悪のようにとらえている方は多くいると思います。そのような人たちにとって新たな選択肢を提示したく思いこのファンドを選ばせていただきました。ちなみに2008年10月31日に100万投資していたとすると、2021年1月29日には935万3945円になっている計算です。驚異的ですよね(笑)。

5、iFreeNEXT  NASDAQ100インデックス

最後にご紹介するのは、米国のナスダック市場(新興株式市場)に上場している非金融業100社の株式で構成されるNASDAQ100指数に連動することを目指したiFreeNEXT NASDAQ100インデックスファンドです。最後の最後にまたインデックスファンドを持ってまいりました。信託報酬はインデックスファンドの中では少々お高く年率0.495%となっております。NASDAQ100指数の過去10年の年平均リターンは19.06%と代表的な指数の中では随一です。構成銘柄を見てみると、アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、アルファベット(グーグルの親会社)、などの現在の米国経済を支える大企業が名を連ねています。NASDAQ100に選定されている企業はどれも最先端技術を持ち新しいビジネスモデルや新たな市場を開拓していく野心的な企業がほとんどです。これらの企業に投資したいと考えている投資家にとっては最適なファンドとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました